『相続人』って、だれ?

 現在の民法では(※)、まず、被相続人に配偶者がいる場合、配偶者は常に相続人となります。
そして、配偶者と共に次の順序で相続人となります。

第1順位 被相続人の子
 被相続人の子が、相続開始以前に亡くなったときなど一定の場合には、その子(被相続人の孫)が代襲して相続人となります。

第2順位 被相続人の直系尊属
 直系尊属とは、父母・祖父母などをいいます。
 ただし、「親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。」と民法に定められていますので、父母と祖父母がいる場合、父母が相続人となります。

第3順位 被相続人の兄弟姉妹
 被相続人の兄弟姉妹が、相続開始以前に亡くなったときは、その子(おい、めい)が代襲して相続人となることができますが、おい、めいの子は代襲することはできません。

※被相続人が亡くなった時点により民法の規定が異なるため、相続人が変わることがあります。

 相続人の確認についてご不明なことがございましたら、当事務所までご相談ください。