『遺産分割』って、なに?

 遺産を「誰が」、「どのように」相続するかを具体的に決めることです。

 相続が開始すると、相続人は、被相続人(亡くなられた方)の財産(遺産)を承継します。
 このとき、相続人が数人いる場合、遺産は相続人の「共有」になります。
 「共有」のままでは、他の共有者(相続人)の同意を得なければ共有物に変更を加えることはできず、また、管理に関する事項も共有者の持分の価格に従いその過半数で決めなければならないなど、不都合を生じることがあります。
 そこで、複雑な共有状態を解消し、遺産である一つ一つの財産を分配して、相続人の単独所有や相続人間で管理がしやすい共有状態に修正する、という手続きが『遺産分割』です。

相続人、遺産分割のやり方など、手続きに関してご不明な点は当事務所までお問い合わせください。